高架水槽・消火ポンプ|首都圏で消防設備の改修工事はエフシー工業へ

東京都文京区水道 2-12-2 坂田ビル1F

  • 0120980841

    0359819125

  • お問い合わせ

電話受付 9:00~18:00 ※日曜・祝祭日 定休

高架水槽・消火ポンプ

高架水槽について

高架水槽とは、ビルやマンションの屋上に設置された水をためる容器のことです。中高層の建物では水道の本管から受水用のタンクにいったん水を貯め、ポンプを使用して高架水槽まで押し上げる受水方式と呼ばれる方式が多く利用されています。この方法のメリットは配水管が断水しても高架水槽に水が入っていれば、しばらくの間は水を確保できますから、災害時などに便利というメリットがあります。

一方、高架水槽を使わず、ビル内の各蛇口に配水管から直接水を送る方式を直結給水または直圧方式、直結加圧方式と呼びます。この方法は高架水槽を使う方式に比べると新鮮な水が飲めるメリットがありますが、建物の上層階や、同時に使用する人が多い場合、水を送る圧力が不足する場合もあります。

点検と交換

飲料などを蓄えておく設備になるため、定期的な清掃を行ってください。保守管理をしっかりと行うことで、いざという時に藻や細菌の発生や沈殿物やサビがなく、利用することができます。

消火ポンプ(加圧送水装置)

消火ポンプは「加圧送水装置」とも呼ばれる、消火栓に水を送り込むための装置です。消火栓側からの操作か、ポンプの操作装置によって指令があれば、貯水槽から吸水を行い、それに加圧して設備の側に水を送り込む役目を持っています。

「易操作性消火栓」と呼ばれるものであれば、消火栓の操作によって自動的に起動するものもあります。火災などの非常の際に使うものですから、常に使えるように定期的に整備やメンテナンスを行う必要があります。

よくある質問

Q
消火ポンプを交換したいのですが、お願いできますか?

はい。弊社では直接ポンプメーカーから仕入を行い、自社で工事を行います。

ページトップへ戻る